美ちょう寿90粒 腎臓病治療のDr.椎貝によるシャンピニオンエキス

商品カテゴリー その他 / サプリメント(人用) / ポチの家おすすめ! / 犬・猫用サプリメント

bch
bch
bch
bch
bch
bch
  • お勧め商品
商品番号:bch

美ちょう寿90粒 腎臓病治療のDr.椎貝によるシャンピニオンエキス

セット内容
在庫状態 : 在庫有り
¥2,700(税込)
只今お取扱い出来ません
数量
ポチママ

美ちょう寿は人用のサプリメントですが、ポチの家ではペットへの応用をしています。美ちょう寿を飲んで、たくさんのわんこやにゃんこからご相談をいただき、たくさんうれしいご報告をいただきました。たくさん驚くようなご報告をいただきました。腎臓は治らない臓器といわれています。だから、2つ持って生まれてくるそうです。お水を飲む量が増えてきたと思ったら、美ちょう寿を1粒飲ませてあげると良いと思います。

類似品にご注意ください!

腎臓学会で発表された美ちょう寿

腎臓病治療の世界で大変有名な『椎貝 達夫先生』がテストを行ったシャンピニオンエキスは『美ちょう寿』のみです。

濃縮率をチェックしてください

「美ちょう寿」は1粒中に150倍濃縮シャンピニオンエキス(BX-150FPD)150mgが含まれています。安いシャンピニオンエキス商品がありましたら、濃縮率と含有量を是非お確かめ下さい。

内容量 1箱 90粒
原材料 シャンピニオンエキス(マッシュルーム、デキストリン)、乳頭、ポリデキストロース、フラクオリゴ糖、デキストリン、リンゴ酸、香料、ショ糖脂肪酸エステル、精製セラック
成分値 1箱(90粒)に150倍濃縮エキスが13,500mg含まれています。

3粒当たり
たんぱく質 0.01g、脂質 0.01g、リン 0mg、ナトリウム 2mg、炭水化物(糖質+食物繊維)0.77g、食塩 0g

カロリー 3kcal (3粒あたり)
原料原産地名 和歌山県
食し方 1日3粒〜9粒を食してください。
一緒に消化するイメージで食べられることをおすすめします。
注意事項
  • 類似品が出回っております。美ちょう寿と類似品とではシャンピニオンエキスの濃度が比ではありません。十分にご注意ください。

ポチの家では併用のサプリメントをおすすめしています。

■SODの波動水
■SGEの波動水
■LFK(チサフェルナ)腎臓の特許申請中サプリメント

腎臓は治らない臓器。重要だから2つ持って生まれている

腎臓は治らない臓器だと言われています。体の毒素をろ過してくれる重要な臓器です。体内の毒素を排出できなければ、血液や臓器がどんどん汚れてしまい、のう子さん吹き出し kaiwa=”美ちょう寿は人用のサプリメントですが、ポチの家ではペットへの応用をしています。美ちょう寿を飲んで、たくさんのわんこやにゃんこからご相談をいただき、たくさんうれしいご報告をいただきました。たくさん驚くようなご報告をいただきました。腎臓は治らない臓器といわれています。だから、2つ持って生まれてくるそうです。お水を飲む量が増えてきたと思ったら、美ちょう寿を1粒飲ませてあげると良いと思います。”]

 

類似品にご注意ください!

 

腎臓学会で発表された美ちょう寿

腎臓病治療の世界で大変有名な『椎貝 達夫先生』がテストを行ったシャンピニオンエキスは『美ちょう寿』のみです。

 

濃縮率をチェックしてください

「美ちょう寿」は1粒中に150倍濃縮シャンピニオンエキス(BX-150FPD)150mgが含まれています。安いシャンピニオンエキス商品がありましたら、濃縮率と含有量を是非お確かめ下さい。

 

内容量 1箱 90粒

原材料 シャンピニオンエキス(マッシュルーム、デキストリン)、乳頭、ポリデキストロース、フラクオリゴ糖、デキストリン、リンゴ酸、香料、ショ糖脂肪酸エステル、精製セラック

成分値

1箱(90粒)に150倍濃縮エキスが13,500mg含まれています。

 

3粒当たり

たんぱく質 0.01g、脂質 0.01g、リン 0mg、ナトリウム 2mg、炭水化物(糖質+食物繊維)0.77g、食塩 0g

 

カロリー 3kcal (3粒あたり)

原料原産地名 和歌山県

食し方 1日3粒〜9粒を食してください。

一緒に消化するイメージで食べられることをおすすめします。

 

注意事項

類似品が出回っております。美ちょう寿と類似品とではシャンピニオンエキスの濃度が比ではありません。十分にご注意ください。

ポチの家では併用のサプリメントをおすすめしています。

 

 

■SODの波動水

■SGEの波動水

■LFK(チサフェルナ)腎臓の特許申請中サプリメント

腎臓は治らない臓器。重要だから2つ持って生まれている

腎臓は治らない臓器だと言われています。
腎臓は、体の毒素をろ過してくれる重要な臓器です。体内の毒素を排出できなければ、血液や細胞がどんどん汚れてしまい、多臓器不全を起こし、ついには生存することが出来なくなってしまいます。命にかかわる重要な働きをしてくれますので、私たちの体には腎臓が2つ備わっているんです。それだけ大切にしなければいけない臓器ということですね。

腎臓を酷使するとそれだけ腎臓の老化が早まるわけですが、生活環境、食生活によって腎臓の疲弊は差が出てきます。やはり、加齢とともに腎臓の働きが弱くなってしまい、かなり疲れてしまいます。

猫は特に腎臓機能が弱くなる動物です

とくに、猫(にゃんこ)は腎機能が低下しやすく、腎不全で亡くなる子が少なくありません。ポチの家では、腎臓疾患について真剣に取り組んでいます。

血液検査が正常値でも症状が進んでいることが多々あります

血液検査の結果が正常値の範囲内でも、安心できないのが腎臓の特徴でもあります。先ほども述べましたが、腎臓は2つあります。その1つがまったく機能しなくても、実は血液検査に現れないこともあります。